逆説


小林秀雄が好きな友人がいた。
同氏の逆説が好きだと言っていた。
その言葉は、長い間、僕の頭の片隅で眠っていた。
最近、同氏の著作を改めて読み、
その意味が分かって来たような気がする。