白洲邸


鶴川で取材を終えた後、
一般公開されている白洲邸に行ったことがある。


旧来の境界線に位置することから、
白洲次郎は、武蔵と相模の頭文字をとり、
武相荘と読んでいたそうだ。


現在は、細君の方がポピュラーなので、
白洲邸と言えば、白洲正子のイメージが強いかも知れない。


一番印象深いのは、正子氏の書斎である。
うまく言えないけれど、とにかく、とても感じが良い。


農家を改築したお宅で、間取りは、
ふすまを外せば、大きなスペースになる、


いわゆる、「田の字型」住宅であったと、
記憶している。


(田の、口は外壁、十は四方のふすまを表している)


住宅に人を合わせるのではなく、
人に住宅を合わせる云々という
正子氏の文章をどこかで読んだ記憶がある。