「スマートグリッド革命」

スマートグリッド革命」(加藤敏春)読了。
示唆に富んだ、たいへん興味深い本であった。


本日、自然エネルギーの固定価格買取り法案の
審議が始まったようである。


以下の文について考えてみたい。



化石燃料エネルギーと太陽系エネルギーは、
経済学的には「代替財」の関係にあります。
したがって、総需要が一定だとすると、
ダーティではあるけれど、割安な化石エネルギーから、
クリーンではあるけれど割高な太陽系エネルギーへのシフトは、
両者の相対価格を大きく変化させなければ起こりません。
そのためには税、補助金などでの政策的な対応
(前者に対する課税、後者に対する助成)が一つの方法ですが、
これだけでは足りません。
市場における相対価格の変化が基盤にあって、
その上に政策的な対応が行なわれることが最も効果的な
パラダイムをシフトさせると言えます。(P54)