コンセプト


広告の打ち合わせには、
怪しい横文字が多い。


たとえば、ポジショニング、
たとえば、コンセプトなど。


コンセプトは、あいまいで、
コンセプトのコンセプトは何?
と問われると、困るだろう。


少なくとも、僕は、そうだ。


漱石の評論を読んでいて、
なるほどなぁ、と感心した覚えがある。


細かなことは、定かではないが、
こんな感じだ。


ある日、外を歩いていたら、
ワンワンと吠えるヤツがいる。


次の日、歩いていたら、
違うヤツが、やはり、ワンワンと吠えている。


こいつらは似ているから、犬と言うことにしよう。


そうすると、
また違うヤツが、ワンワンと吠えている。
ああ、こいつは犬だな、と思う。


ある日、友人と会う機会があった。


「俺サ、ワンワンと吠えるやつがいたんで、
 そいつを犬と呼ぶことにしたよ」と言う。


すると、友人は、
「ああ、俺もこの前見たよ、
 犬、いいねぇ、俺も犬と呼ぶことにしたよ」と言う。


それ以来、二人は、実際に目の前に犬がいなくても、
犬というだけで、通じるようになったのである、
ワンワン。