性善説と性悪説

人は生まれながら善人であるか、
あるいは悪人であるか、


中国では、古代から、議論されていたようだ。


孟子は性善説、それに対し、荀子性悪説


荀子は、人は一人だけでは禽獣より劣るので、
礼を元にした社会を作らざるを得ないと、たしか言っていたと思う。


わが国の儒学者・荻生徂徠は、
どちらかと言えば、性悪説だろうか。


個人の心持ちに頼るのではなく、
制度で世の中をまとめるよう、唱えていたようである。


こちらは仏教の話になるが、親鸞は、
人は状況によって、悪人にも善人にもなるという。


心の動をみれば、むしろ悪人の方が自然である、という解釈もあり、
これが、門徒たちに誤解を招いた。これ誰の解説だったけ?