新幹線事情


ちかごろの新幹線は、ちょっと違う。


かつて、車掌さんは、
乗客一人ひとりの特急券にスタンプを押しながら、
車内を回ったものであった。


現在の車掌さんは、手元の紙を見ながら、回っている。
おそらく、人数か、座席の位置だけ、確認して間に合わせているのだろう。


座席には、車内販売のメニューが用意されている。


そのせいか、カートを押して来る女性が早足になった。
コーヒーを頼もうと思っていると、通り過ぎてしまい、
チャンスを逃がすことさえある。