国債


郵便局というのは、預かったお金を、企業に貸していない。
そのお金のほとんどは、国債の購入に当てられているそうである。


一方、昨日のブログの同書によると、
企業は、バブルの時の借り入れを、一生懸命、銀行に返済しているらしい。


借金の返済というのは、銀行にとって貸し出しが減ることになる。
では資金はどこに回るのかというと、やはり、国債の購入に当てられているという。
(銀行の場合、バランスシートの資産と負債が、一般企業の逆になるらしい)


ちなみに、最近の長期金利は、上昇しはじめている。


仮に、金利が1%上がると、
とりわけ、国債の保有が多い地銀と第二地銀の保有国債推定損失額は、
4兆1200億円(2009年度末)と過去最大になる。(日経新聞
即ち、地方では、貸し渋りが起こる可能性が高いと思う。


また、財務省の試算によれば、
2年後の国債費は4兆円程度、増加するという。
現在は、デフレだけれど、
近い将来、悪性のインフレになると思うぜ、オレは。


さすがに、ジンバブエのようなハイパー・インフレには、
ならないと思うけれど。。。