米豊作対策基金


米価が過去3年の平均値より下がった場合、
政府により、その差額は補償される。


ただし、それは一等米に関しての話だ。
二等米は、対象外となっている。


では、今年のように作柄が悪く、
記録的に、二等米が多い場合は、どうなるのか?


答え。


不測の対応策として、
米豊作対策基金から、お金が捻出される。


名前が示す通り、
この基金は、豊作により米価が下落した時に使われる。


だが、今回は名目を変え、
作況が「やや不作」でも使えるよう、
制度変更されるらしい(昨日の朝日新聞ネット版より)。


全国の二等米すべてを、まかなえるかどうかは、不明。