新聞広告費


小泉政権下、
景気回復の期間は、戦後最長であった。
(2002年2月〜2007年10月)


がしかし、景気を押し上げたのは、
政府の円安政策(2003年の大規模な為替介入)に支えられた
輸出関連の製造業であり、


内需関係は、それほど実績が良くなかった、
と言われる。


既存の広告費は、それどころでない。
逆に、落ちていたのである。


とりわけ、新聞広告費は、
その期間中でも15%ほど下落し、


その後、リーマンショックで、急激に落ち込み、
これからは、電子書籍におびえているという状況なのだ。とほほ。。。


f:id:torimaki:20100802180300g:image