司馬遼太郎


司馬遼太郎の歴史小説は、
その場所に居合わせたように書かれている。


そう思わせるのは、小説の中の会話にある。


どこまでが、資料に基づいているのか、
どこまでが、創作なのか、


気にし出すと、やや、フラストレーションが
たまってくるのだ。


いや、しかし、暑いちゅーの。