第一次世界大戦前後の作家たち


車中で、カフカの「審判」を読みはじめた。
得体の知れぬ不安感が感じられる。


ウィキペディアで調べてみると、
ヘッセ、オーウェル、日本では芥川が、
ほぼ同世代である。


第一次世界大戦前後というのは、
それまでの価値観が揺らいだ時期なのかなぁ、
と思ったりして。