インドのこと


めいっ子に、なじみのインド料理店に連れて行ってもらった。
店長の出身は、IT産業で有名なバンガロールから西700kmの街(udupi)である。


話をいろいろ、うかがうことが出来た。


チベットの亡命者が住むダラムサラは、北部だけでなく、南部にもあり、
(お坊さんの住む街なので質素だと思っていたが、意外に)ゴージャスなこと。


韓国の企業の進出が盛んで、日本は出遅れていること。


自分で事業を起こそうとする人の多いこと。
ワイロが日常的に行われていること。
(以前、中国人の友人も、自国のことを同様に言っていた)


年金は国家に所属している人にしか出ないこと。
健康保険はなく、それぞれが任意でお金を出して保険に入ること。
政治的にロシアとつながっていること。


世界の4番目、5番目の富豪はインドの人であり、
2人は兄弟であること。


ご本人は、クリスチャンだが、
地元の宗教は、仏教より100年前に起こったものであること。


航空会社がタタグループから国に移り、サービスが低下したこと。


あと、なんだっけ。他にも、いろいろ聞けたなぁ。


udupiは、こんな感じの街なのかなぁ。。