モーム


身近に、サマセット・モームに感動した、
あるいは現在、感動しながら読んでいる人がいる。


一人は「人間の絆」を読了し、
もう一人は「月と六ペンス」を読んでいる。


現在、何か、ずっしりした長編を読みたい気持ちなのだが、
読了までに時間がかかるので、本の選択には、それなりに覚悟がいる。


韓非子」を数ページ、読んでみたが、、、どうみても、これは続かないだろう。
オレも、モームを読んでみようかなぁ。