後発の技術が、ユーザーニーズに近づく


イノベーションのジレンマ」には、
 小さい会社の持つ後発の技術が、既存の技術を駆逐していく
 事情が述べられている。


 うる覚えだが、こういうことだ。


 、、、本書には、いくつかの実例をあげており、
 そのひとつがハードディスクに関してである。


 後発の技術は、当初、マニアックなもので、
 既存の市場では微々たるものであるが(容量が小さい)、
 時間とともに、ユーザーのニーズにかなうようになる。
 

 一方、既存のマーケットで大きなシェアを持つ会社は、
 年を追うごとに、オーヴァースペック気味の製品を作るようになる。
(ユーザーは、そんな能力まで必要としていないよ)


 このことを、ふと思い出したのは、本日のCnetの記事を読んだからである。
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20403492,00.htm


一般ユーザーにとって、パソコンは既にオーヴァースペックになっていて、
かわりに携帯電話の機能やインターフェイスが、パソコンのユーザーにニーズに近づいていく。
まぁ、そんなかんじ。