眞木さん


「眞木準コピー新発売」を読んだ。
以前にも、何度もページをめくったが、今度は、熟読した、という感じである。


本書に掲載されている広告文の中では、
伊勢丹の「恋を何年、休んでいますか。」と、
全日空の「でっかいどお。北海道」の本文が秀逸だと思った。


行間に説明的な感じがなく、気分がスッと流れていると思う。
読む方も感応すれば、書き手と読み手(消費者)が気分をシェアでき、
ひいては、商品あるいは企業に好印象を持ってもらえるかも知れない
(と、ナマイキなことを書いてみたのであった)