電気自動車


いっとき、
水素を燃料に使う燃料電池が話題になった。


私感では、民生用として、
携帯電話やノートパソコン→家庭用→クルマの順に、
導入されるだろうと思っていた。


だが、この予想は、大きく外れ、
いま市場に出ているものは、家庭用の燃料電池だけである。


(家庭用燃料電池とは、まぁ、ガスを改質して水素を作り発電し、
その時できた熱を、給湯などに使うというものだネ。エネルギー効率が高い)


一方、クルマは、どうやら、電気自動車が先行しそうだ。
このへんは、ホリエモンのブログが、興味深かった。


概略は、こうだ。


内燃機関エンジンは開発費用がかかり、かつ水平分業が難しい。
電気自動車になれば、開発のシミュレーションが可能になり、
パソコンのようにローコストの組み立てメーカーが生まれるだろう。
例をあげれば、IBMに対する、デルコンピュータのようなものだ。


なお電気自動車を、使わないとき、家のバッテリーともなる、



(ネタ元は、こちら)
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10183862948.html