ネット時代を前提にしたコア技術

インターネットの普及は、
コミュニケーションへの大きなパラダイムシフトである。


なので、インターネットのイの字もない時代に
計算機として生まれたパソコンを使っているのはムリがある。


原丈人さんの「国富論」に、そのような旨が書かれていて、
頭がちょっとスッキリした。オレも、何となく、そう思っていたからサ。


で、本書には、その先の話についても触れられていて。
2015年ごろから、パソコンのアーキテクチャーでない、
ネットのためのコア技術が普及してくる予測が立てられているんだ。