思いと考え


文章を書くことは、
少なくとも、建築のように最初に設計図を描いて、
それに合わせ、作っていくのとは違う気がする。


しいていえば、
書いているうちに「こんなになっちまったよ」
という感じだ。



そういう意味では、考えをまとめるというより、
思いをまとめる、という感覚に近いかもしれない。



もっとも、広告業界には、
コンセプトという怪しいコトバがあって、
こちらは、考えというニュアンスに近い。



考えを先に作ってしまって、ライター、デザイナー、
カメラマンといったスタッフと、その考えを共有して
仕事を進めていく、


というふうに書いてみて、これは、ちょっと腑に落ちないかんじだ。
この思いには、どこかにウソがあるんだネ。