自然教育園で観察できる自然植生

自然植物園内の看板に書いてあることを、そのまま記す。


林の移り変わり


この林は、1950年頃には、まだ若い松林でした。


しかし、自然教育園になって、
下刈りをやめると、ミズキ、イイギリなどの落葉樹や、
スダジイタブノキなどに常用樹がマツ林の下に育って来ました。


1963年頃には、
マツは下から育って来た落葉樹に光をうばわれ
枯れ始めました。


今ではその落葉樹も、
成長が遅かった常緑樹が高くなるにつれて、
下枝などが枯れ始めています。


やがて、長い年月の間には、
スタジイなどの常緑樹林へと変わっていきます。


このように、林が時間とともに
変化していくことを遷移といい、


遷移が進んで変化の少ない安定した林を
極相林といいます。