キンドルの壁は再販制度という


商品というのは、
小売り側で値段が決められている。


たとえば、
ヤマダ電気ヨドバシカメラでは、
値段が違う。


もし製品を作る側が、
ヤマダ電気ヨドバシカメラに、
一方的に定価を押し付けたら、
これは違法になる。


ただ、例外もある。新聞と雑誌だ。


新聞は、新聞を作る新聞社が定価を決めているし、
雑誌の場合も、同様である。


新聞の販売所、書店、コンビニといった
小売側では、値段が決められない。
(それぞれの価格は、同じ)


前置きが長くなった。
本日の日経新聞のネット版で、興味深い記事を読んだ。


アマゾンの電子書籍、キンドルが、
なぜ日本では発売されないのか、という記事である。


アメリカでは、アマゾンが電子書籍を販売する場合、
小売側のアマゾンが値段を決めている。


要は、日米の商取引の違いというか、
日本の出版社と、アマゾンの
上前の折り合いが付かないんだね。