フラワーチルドレン


リチャード・ブローティガンの書く散文詩のような小説は、
嫌いではない。


解説によると、
彼は70年代のヒッピー文化のイコン的存在だったそうだ。


そう言われると、
ヒゲを生やしていた頃のビートルズの曲を思わせるところがあるし、
ジョブスのアップル社と、感じが似ている気がしなくもない。