前提が怪しくなる


エンロンの決算には、
ブラックボックスが、あったという。


ブラックボックスの役割は、
同社の、何とかという子会社が担っていた。


その子会社は、エンロンの株を担保に、
金融機関からお金を借り、


親会社のエンロンに、資金を還流させていた。


当時、エンロンの株は、
必ず上がると思われていた。


が、しかし、
ITバブルの崩壊と機を一にして、株価が下がる。
担保の前提が崩壊してしまうわけだ。


数年前のアメリカでは、
住宅の値段が必ず上がることが前提になっていたが、
神話が破綻してしまい、リーマンショックを引き起こす。


前提が怪しくなることは十分にある、
という教訓なのだ。