おとなしいアメリカ人

友人から頂戴した「権利と栄光」を読了する。


少しずつ読んで、1か月かかった。とても面白かった。


引き続き、鞄の中の本として、
グレアム・グリーンの「おとなしいアメリカ人」を選ぶ。