カスケード利用


木材の利用に当たっては、
木材に固定された炭素が長期間にわたって貯蔵されるよう、
建築物等の資材として利用された後、
木質ボードや紙等での利用を経て、
最終的に燃料として利用すること(カスケード利用)が理想的である。
(森林・林業白書より)