三四郎池

気になるけれど、めんどうで、
調べないままの疑問が、誰にでもあると思う。
僕にも、ある。いくつもね。


そのひとつが、上屋敷と下屋敷の違いだ。


グーグルで調べてみた。


どうやら、こういうことらしい。


上屋敷は、江戸城に近い大名屋敷。
下屋敷は、逆に、江戸城から遠い大名屋敷。


ちなみに、中間に位置するものは、
中屋敷と呼ばれていたそうだ。


参考までに言うと、江戸時代、
石高がいちばん大きかった加賀前田家の場合、


上屋敷は現在の文京区の本郷に、中屋敷は同区の駒込に、
下屋敷は板橋区平尾にあったらしい。


ところで、加賀の上屋敷のなごりは、
当地で、見ることができる。育徳園心字池である。


心字池というと、なじみが薄いかもしれないが、
通称、三四郎池のことである。
漱石の『三四郎』にちなんで、その名がつけられた。


三四郎が初めて、ミネ子を見かけた場所が、この池である。


f:id:torimaki:20060714091514j:image