印刷用紙の需給の激減


今回の震災により、
東北地方の多数の製紙工場が被災した。


もともと、
パソコンやスマートフォンの普及により、
印刷用紙の需要は減少傾向にあるが、


さらに、震災後、
「新聞1部あたりの折り込みチラシは、
 それまでの1日平均17枚から
 地震直後に1〜2枚に急減。
 足下では4〜5枚に回復したが、
 震災前の水準には遠い」という。
本日の日経新聞より抜粋、取材元はオリコミサービス)


要は、印刷用紙の供給も需要も激減しており、
今後の見通しは不透明といえるのだ(縮小均衡か?)