石油の値上がりの影響について


石油の値段が上がっている。


では、値上がり分は、誰が受け取るのか。


それは、産油国の王朝周辺や、
世界的な量的緩和を背景に、お金を運用している
投資家たちに違いない。


一方、値上がり分は、誰が支払うのか。
それは、ガソリンや石油製品を使わなければならない
国内の消費者であり、企業だろう。


企業は、個人と違い、
桁違いの石油を直接・間接的に使っているので、
石油に対して支払うお金は、
百万、千万、億単位で増えるに違いない。


もちろん、お金は地面から、わいて来ないので、
支払いが増えた分は、他の支払いを削り、帳尻を合わせるか、


あるいは、支払いが増えた分だけ、
利益を増やすか、借り入れを増やさなければならない。


あれ? 何を書きたかったんだっけ?