スーパー堤防


年々、人口は、大都市に集中している。
その大部分は、河川氾濫区域に位置している。


仮に、この地域の大河川の堤防が、洪水により破壊されれば、
該当地の被害はもとより、日本全体の経済や社会活動に、
甚大な影響をもたらす。


この問題意識に関する建設大臣の諮問に対し、
昭和62年、河川審議会は、超過水対策の推進を唱えた。
スーパー堤防は、その一例である。
民主党の仕分け作業で廃止判定を受けたけれど)


f:id:torimaki:20110228114146j:image