各種「排出枠取引」

ネットをながめていたら、
東芝など新興国が省エネ支援・排出枠取得をにらむ」
 というタイトルが目を引いた。


僕は、新興国との排出枠取引と言えば、
クリーン開発メカニズム(CDM)しか思い付かない、


が、記事の内容は違った。
2国間のクレジット制度をにらむ、とある。


鳩山前政権の時に掲げた、
2020年までにCO2を90年比で25%削減する
という方針は、どうやら、現政権でも引き継がれているらしいんだナ。


それを旗印にして、
「日本政府は昨年から、ベトナムやインドネシア、タイなど
東南アジア諸国などと2国間クレジット制度の導入に向けた
協定交渉を始めている」(本日の日経電子版より抜粋)という。


こういう話題もある。


新潟県十日町市は、3月7日、
ソニーとCO2削減枠の譲渡契約を締結する。
クレジットの提供者は、森林組合4事業者、
市の第3セクターによる温泉施設「ミオンなかさと」。
(松之山温泉のバイナリー地熱発電か?)


f:id:torimaki:20110218090957j:image


こちらは、国内での取引である。
大企業が中小企業の排出削減枠を取引する制度による。
(ネタ元は、読売新聞のデータベースによる)