与謝野氏の考え

再読ということもあり、
民主党が日本財政を破壊する」(与謝野馨)に、
サッと目を通す。


同氏は、国家財政は、国民が割り勘で背負うという考え。


そのうえで、消費税の増税分は、年金、医療、介護に回し、
財政赤字の削減は、歳出の削減と、
消費税以外の税金で取り組む、としている。


子ども手当と、年金制度の一元化には、否定的である。

 
他党を離党し、民主党政権の経済の重要閣僚に
入閣した同氏の主張と、民主党の党内世論は、
どう折り合うのか、多少、興味がある。


税金の個人的な意見としては、
財政の発散による急激なインフレや、長期金利の上昇に比べたら、
増税の方が、よほど良いと思っているのだが。。。