カーボンオフセットは、林業対策


山ノ手線の線路の向こう岸には、大きなポスターが立っていて、
電車を待っているあいだ、その内容を知らず識らずのうちに、
見ることになる。


東京駅だったと思うが、三菱重工のポスターが立っていた。
同社が携わっている各事業が、これだけ二酸化炭素を減らすという
数字が示されていた。


一社の携わる原子力発電だけで、
ああ、これだけ、二酸化炭素を削減しているのか
(というわりには、数字は覚えていないのだが)感心した。


いや、それ以前に、
森林のカーボンオフセットの話をうかがっていたので、


オフセットというのは、
二酸化炭素削減の効果は、ささやかなもので、むしろ、
そのお金で、森林が潤い、仕事に携わる人も増え、
ひいては、過疎化対策になるのではないか、と思ったりした。


ちなみに、かつての林業は収入が安定しており、
昭和55年くらいまで、
木を切って、息子を大学まで上げることが出来たそうである。