自治体のクラウド

住民情報、税務、財務会計、入札といった業務を、
クラウドコンピュータで、対処する自治体が、増えてきている。


総務省によると、
2015年までには、全国の全自治体に導入され、
情報システムの費用の3割が削減できる見込みという。