「私たちの教科書」


「ウェッブで学ぶ」(梅田望夫/飯吉透)を読み始めた。


その中で、ライス大学の「コネクションズ」という
プロジェクトが紹介されている。


イマイチ、分かりにくいのだが、おそらく、
こういうことを言っていると思う。


当プロジェクトでは、
様々な教科書の章や節が、ウェッブ上でパーツになっており、
教師や生徒はそれらを編集して、自分たちの教科書を作ることが出来る。


「私の(私たちの)教科書」は、電子版として、
ウェッブサイトからダウンロードしたり、


さらには、サイト上の「製本」のボタンを押せば、
データが印刷所に送られ、数日以内には、
カスタマイズされた教科書が送られて来るという。
キンコーズなどが、やりはじめるのではないか?、、とりまきの推測)


このような動きは、アマゾンのキンドルや、
アップルのi Padといった電子ブックリーダーの普及を促進するだろう。


至近な例としては、
ペンシルベニア州シートン・ヒル大学では、
2010年の9月より、2100人の学生と300人の教員に
i Padが配布される予定である。