ヤコブ・シフや明石元二郎

司馬遼太郎の「坂の上の雲」は、
日露戦争の詳細な戦況にとどまらず、
広い視野から、それを眺めている。


中でも、意外に思ったことが、
ロシア帝政により圧迫されていた人達の憎悪が、
同国敗戦の遠因になった、ということである。


ロシアは、ユダヤ人を迫害していた。


ユダヤ人の富豪ヤコブ・シフは、
日露戦争で日本が勝てば、帝政ロシアが衰弱すると思い、
人気のなかった、戦費調達のための日本の公債の半分を引き受けた。


(ちなみに、投資家のジョージ・ソロスも、
 ソビエト崩壊に、金融面で深くコミットしていた。
 自書の中で、そう書かれている)


日露戦争時、日本政府は、
明石元二郎という人物に、100万円を渡し、
ロシアの諜報と革命の煽動に当たらせた。


(当時、日本銀行の持っていた金貨が、
 約1億1千万円と言うから、大金だよなー)


ロシアには農奴と呼ばれるロシア特有の階層があり、
地主の都合で売買されていた。


気に入らなければ、シベリアに流刑することもできた。


さらに、ポーランド、フィンランドは、
半ば強引に属国にさせられ、ロシア帝政に不満を持っていた。


明石元二郎は、ヨーロッパ各地を遁走し、
不満分子たちの作る革命団体を支援し、ロシアの内部崩壊を助長させた。