オルセー美術館展


先日、乃木坂の国立新美術館で開催されている「オルセー美術館展」に
立ち寄った。


音声ガイダンスがなければ分からないことが多々あった。
ルノアールの果物の静物画には、画面のバランスに、こだわりがあること、
アンリー・ルソーは、日曜画家だったこと等々。


気にいったのは、ゴーギャンの「タヒチの女」、それと、
(タイトルと画家の名前は忘れたが)漁夫がひとり小舟の上で祈っている
絵かなぁ。ゴッホの川の夜景の絵は純真だね。