カーヴァー・ビキナーズ


時間の合間に、本屋に寄った。


「カーヴァー・ビギナーズ」(だったかな?)という本を見つけた。


ペラペラとめくっただけだが、タイトルから察すると、
レイモンド・カーヴァーを読んだことのない人に、おすすめの短編を編んだものではないか。


「ささやかだけれど、大切なこと」。これは、外せないだろう。カーヴァーの代表作だ。
「静けさ」が選ばれていたのは、一般的に言えば意外だが、僕もきっと選んだと思う。
とても雰囲気の良い一作なのだ。