コトバについて


コトバというのは、
モノと概念のあいだくらいの感じかなぁ。


たとえば、「飛脚」というコトバがある。


実際に、飛脚が走っていたときは、実体と言葉は、
ぴったし、くっついていたと思うけれど、


飛脚がいなくなってからは、
「飛脚」というコトバだけ残って、実体はなくなってしまった。


いま時代が大きく変わりつつある。
そうすると、飛脚と似たケースが、いっぱい出てくるんじゃないかなぁ。


たとえば「広告」なんて、どうだろう。
実際の広告は変容して、実体に合わないようになりかけているのに、
「広告」というコトバに、ムリやり詰め込んでいる感じはないか?