「決断力」


羽生善治の「決断力」を再読。
将棋の話が中心だが、人生訓、ビジネス訓になる言葉も多い。
世の中のぼんやりした問いに対して、一般的な理屈よりも、
一流棋士、解剖学者(バカの壁)の視点の方が骨太に感じられる。
ベストセラーの秘密も、その辺にあるかも知れない。


なお、本書には、羽生将棋はアートなのかな、と思われる部分も少なくない。
この言葉を引き出せたのは、インタビュアの功績かナと思う。


一局の将棋が初めから終わりの一手まで、一本の線のよう
になっているのだが、私には理想なのだ。その線が途中で切
れてしまうこともよくあるが、本来はその線があるはずだ。
将棋を指すときは、その一本の線を極力見つけられるように
持っていくのである。たとえば、ある段階で「これは、こう
なって、最後はこういう形で終わるのだ」と一本の線がパッ
と閃くときがある。その線がきれいに引けたときには、もの
すごい充実感がある