媒体費からの、おすそ分け


文章を推敲すると、それだけ時間がかかる。
要は、文章を充実させようとすると、生産性が低くなる。


新聞や雑誌では、広告の媒体費が、それをカヴァーしてくれる。
編集者や書き手は、媒体費から贈与されることになる。


媒体費の裏付けは、何か? ふたつあると思う。


原稿の質を上げることで、読者が増える。
読む人が多ければ、広告も、多くの人の目に触れる。
媒体費が高くとれる。これが、ひとつ目。


もうひとつは、紙面が有限であること。
限りがあると、なんとなく貴重に思えるよネ。
もっとも、この辺は、ネットにより見事に崩されているが。


やや話が外れるが、整理しておこう。


    ペーパー
↓     ↓       ↓

新聞   雑誌    パンフレット…



     ネット
 ↓     ↓    ↓

パソコン  携帯   電子書籍…