「論語」とグーグル


論語」が愛読書になりつつある。


読んだのは、渋沢栄一の「論語講義」で、
3回ほど、通読している。


内容を覚えている句があって、
どきどき、ふと思い出すのだが、


オっさんになってから読み始めたせいか、
句自体は、まったく記憶にない。
いや、それ以前に、何篇にその句があるのか、見当も付かない。


そういうときは、グーグルが役に立つ。


適当にキーワードを入れていくと、該当する句に突き当たる。
何篇に入っているのか分かるので、


それを元に、「論語講義」をひも解いてみれば、
渋沢論語訓点で、しかも、渋沢翁の解説も味読できるわけである。


ところで、
中国政府と、グーグルは、もめているみたいだねぇ。


子曰。古之學者為己。今之學者為人。(憲問第十四)