日本の広告代理店は自己商?


広告主が直接、新聞や雑誌といった媒体を買うことはない。
広告代理店が仲介するのが一般的だ。


そして、その際に、代理店はコミットメント料を得る。
これが代理店の主な収入源である。


欧米では、このコミットメント料のルールが公開されていて、
日本でも、広告主協会がその開示を求めているという。


それに対して、日本の広告代理店は、代理業ではなく、
自己商であるという反論もあるようだ。自己商は自分の判断で独立した商売を営んでいる。
代表例は商社であり、いわば代理店は、情報商社といった感じになるらしい。