カタロニア讃歌


ジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』を
ようやく読み終えた。


戦線の様子、自身の負傷後の冷徹な観察が、
僕には何故かユーモアに感じられた。


自分の生死を冷徹な目で見た人、というと、
正岡子規夏目漱石修善寺の大吐血)を思い出すが、
こちらには風刺的な印象はない。


そのことを考えると、
冷徹さとユーモアは関係があるとは一概に言えないのだろう。


(本書は、戦線を実際に見ないで、遠く離れたオフィスで書かれた記事が、
 いかに間違っているか、あるいは、政治的な思わくから意識的に偏向した
 記事がいかに多いか、認識させてくれる)