ライトユーザーと、ヘビーユーザー


広く買ってもらうより、
同じ人たちに繰り返し買ってもらった方が、
マーケティング的には、理にかなっているそうだ。


新規顧客の開拓は、既存の顧客の維持に比べると、
6倍の経費と労力を使うという説がある。
それが、その根拠のひとつ。


ふたつめは、移り気のライトユーザーと、
お得意さんであるヘビーユーザーの問題。


購買行動を人数で見ると、
ライトユーザーは70%、ヘビーユーザーは30%になる。


だが、購買の金額ベースでみると、数字は逆転して、
ライトユーザーは30%、ヘビーユーザーは70%となる。


以上を勘案してみると、何度も来てくださるお客さんを対象にして
広告や販売促進を行うことは、理にかなっているのかも知れない。


えー、これは、コピーライターの梶祐輔さんの「広告の迷走」を
自分なりに読んだ感想であります(だから、ハナシが、こなれていないよね)。