カタロニア讃歌


日はまた昇る」も「カタロニア讃歌」も、スペインが舞台になっている。


後者は読めば分かるのだが、ウィキペディアで調べてみると、
ヘミングウェイも、ジョージ・オーウェルも、スペイン内乱に、義勇兵として参加している。


「カタロニア讃歌」の興味深い点は、オーウェルが見た内乱の実際と、
ジャーナリストが新聞やパンフレットで伝える様子が、まったく、くい違っていることである。


意識的に、偏向記事が書かかれているケースもあったし、
根拠もないことが、あたかも、事実のように書かれていたケースもあったらしい。