ひとつ上のチーム。


長く広告にたずさわっているわりに、
広告関係の本は、あまり読んでこなかった。


だが、先日、コピーライターの眞木準さんが亡くなったこと
(と、本当に関係あるのか?)が、きっかけとなり、
眞木さんが携わった本を読み始めている。


現在は「ひとつ上のチーム。」を読んでいる。
この本は、広告制作者だけでなく、
目に見えないものを定着させていく職業の方には、おすすめできそう。