学而篇より


子曰く、弟子入る則ち孝し、出づる則ち弟し、
謹みて信じ、汎く衆を愛して仁に親しむ。
行うて余力ある、則ち以て文を学ぶ。


子夏が曰わく、賢を賢として色に易え、
父母に事えて能く其の力を竭し、
君に事えて能くその身を致し、
朋友と交わるに言いて信あらば、
未だ学ばずと曰うと雖ども、
吾は必ずこれを学びたりと謂わん。


(「論語」学而篇)


f:id:torimaki:20090320162543j:image