多事争論



故に、昔年の異端妄説は今世の通論なり、昨今の奇説は今日の常談なり。


然らば則ち、今日の異端妄説も亦、必ず後年の通論冗談なる可し。

学者宜しく世論の喧(かまびす)しきを憚(はばか)らず、
異端妄説の識(そしり)を恐るることなく、勇を振ひて我が思う所の説を吐く可し。



或は又、他人の説を聞きて我が持論に適さざることあるも、よく其の意の在る所を察して、
容(い)る可しものは之を容れ、容る可からざるものは暫く其の向ふ所を任して、
他日双方帰する所を一にするの時を待つ可し。


則ちそれ議論の本位を同じふするの日なり。必ずしも他人
の説を我が範囲の内に籠絡して天下の議論を画一ならしめんと欲する勿れ。

以上、「文明論之概略」より


なお、この「多事争論」は、ギゾーの「文明史」より多くの暗示を受けている。