言葉は公共財、、、か?


漢字、万葉仮名を経て、カナやカタカナが生まれ、


さらに、明治に入り、福沢諭吉などの先人の工夫により、
「会議」や「演説」といった英語に対応する新しい日本語が生まれた。


その他にも、色々な経緯があるはずで、
最近は、いま使っている言葉は、たいへんなもんだなぁ、
と思うことにしている。