レイモンド・カーヴァー全集


その人や、その会社がなかったら、
縁のなかったものは、少なくない。


たとえば、はてな、がなかったら、
ブログを始めなかったかも知れない。


村上春樹が、レイモンド・カーヴァーを翻訳し、
日本に紹介しなかったら、彼を知り得なかっただろう。


あっ、カーヴァーには、はまりました。
なにせ、ボクのゆういつの自慢が、
彼の小説をすべて読んだことなんだからサ。


ちなみに、中央公論から出ている
レイモンド・カーヴァー全集」のキャッチコピー、


その早すぎた死に深い愛情をこめて贈る世界で唯一の全集


が示すとおり、全集を通じて
カーヴァーの作品が、すべて読めるのは日本だけなんだって。
村上春樹、エライ!