論語講義


渋沢栄一の「論語講義」は
入手がむつかしい本だ。


今ままで神田の古本屋街をはじめ、
折りをみて探してみたが見当たらず、


ヤフオクに2度ほど出品されたので
落札に参加してみたが、高値で他の人に持っていかれ、


仕方がないので、読みたいと思うたびに、
図書館から借りていた。


が、しかし、
ほしいものは意外に近くにあるもので、
とりまき事務所近くの本郷の古本屋で
とうとう、見つけてしまった。


やはり、手元にあると重宝するねぇ。


ちなみに、備忘録として書いておくが、
きのう書いたブログ中の「師」は子張、「商」は子夏の名を示す。